薪ストーブと鉄鍋と

0

    いいなあ

     

    mukugestove

     

    森のホールの真ん中に どーんと柱のように薪ストーブ

     

    歴代のタミパンが並んで

     

    奥には ストウブ鍋に 

    ロッジのダッチオーブン

    銅のケトル

     

     

    火のケアは 薪ストーブ屋さんを経営するうらべにさん

     

    織りや保存食やその他諸々!の先生でもある

     

    タミパンのパンのために コンロでいう弱火の状態に 

     

    野菜の蒸し焼きをするダッチオーブンには中弱火を

     

    用意してあげたい

     

     

    46790450_1202327889916902_8162084527091482624_n.jpg

     

    生地の発酵具合をみんなで確認

     

    47006505_198706034390788_6129863919981821952_n.jpg

     

    タミパンにも油を塗って

     

    クミンシードをたっぷりと振って

     

    46914945_289558035030769_6778546205224861696_n.jpg

     

    ひとりでもできるんだけど
    二人コンビで流し入れると
    生地にもやさしい

    46513127_1188000941361061_9040554868409892864_n.jpg

     

    ほわーり ほわーり と 

     

    やさしく

     

    46792291_315216192667055_3286869619008077824_n.jpg

     

    そうこうするうちに 野菜の蒸し焼きができてきた

     

    奥のステン鍋では スイスチャードのソテーを準備

     

    cookingchard

     

    南さんの畑のスイスチャードは こうやってクタクタに茹でておいて

     

    ガーリックソテーに

     

    46764487_669394980121806_9207001519897968640_o.jpg

     

    こねないクミンパン 焼けた

     

    それにしても こねないクミンパン 名作

     

    あちこちで焼く人の輪が 広がってる

     

     

    それにしても 薪ストーブの鉄板の温度がぴったり鉄鍋と息合って

     

    こんがり 幸せそうな パン

     

    人も 幸せになるよ これじゃ

     

    46986571_1188000921361063_7380786442160570368_n.jpg

     

    切り目だけいれておいて あとはちぎって食べるお楽しみを

     

     

     

    今我が家は 小さな薪ストーブを取り付けて 

    去年よりも暖かい冬を迎えられるようになりました

     

    景色を見る目が それから変わった

    木が転がってると 薪に と考える

    草が枯れてたり 小枝が落ちてると 焚き付け用に と考える

    ちょっとだけ昔の人の暮らしと一緒だね

     

    薪ってけっこう使うから

    貴重な山の資源を燃しちゃってもったいない って思う

     

    だけど石油や天然ガスや電気なら 採掘して プラントつくって インフラ整備して 送電して と 

    もっともっとの環境負荷

    ひねって出るだけだから 簡単で安いって 錯覚してるけどさ 

     

    薪は 里山メンテナンス

    そして灰を土に返して 循環

     

    それにしても 今回準備含め 薪ストーブに親しむなかで

    次に暮らすお家では 今より大きな薪ストーブで クッキングしてるイメージがすっかり固定しちゃった

     

    このムクゲ自然公園の森のホールの薪ストーブみたいに

    あたたかくて 美味しいものを みんなで囲んでるような

    絵が あたまのなかに広がる

     

     

    人は 生きてくために

    やっぱり 自然を大切にしていくこと

    これはセットだね

     

     

    *写真はご参加の皆さま撮影のものを使わせていただきました。ありがとうございます。

     

     

     

     


    コメント
    ヨシさんへ

    美味しいお食事を有難うございました🙏
    薪ストーブ屋さんから一言。
    森の資源の話ですが、今日本の山は何十年も散髪屋さんに行かない状態と言われます。
    原発の推進の為に火を燃やす事を禁じた施策と言う見方も有りますが、電気、ガス、石油の出現に伴い火を燃やす事をしなくなりました。
    人類が火を燃やす歴史からみたら、ここ40年くらいの事ですが、山は見捨てられ手入れもされず放ったらかしになりました。
    40年も床屋さんに行っていないと言うのは、その事です。
    昔は山の入り口に立つと奥の方まで見える程綺麗だったと言います。
    動物は、自分の体が外界から見られるのを嫌うので、山の奥に暮らし、現在の様に有害鳥獣問題もありませんでした。
    むしろ、こちらから山に入り猟をして獣肉を得ると言う暮らしです。
    この時代、マンションなどに暮らす人には薪ストーブ、火を燃やす事は無理な話ですから、燃やせる環境の人にはドンドン使って欲しいなあと思う次第です。😉
    • うらべに
    • 2018/11/27 6:35 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM